石巻市鹿妻南コミュニティーハウス竣工

2012年6月 7日

6月5日(火)、石巻市鹿妻南コミュニティーハウスの竣工に伴い、コミュニティーハウスの引渡式と植樹式が行われました。


コミュニティーハウスは、日仏に拠点のある一般財団法人フェール城桜協会が東日本大震災で甚大な被害を受けた宮城県石巻市に建設、寄贈したもので、サンテックパワーは石巻市の復興を支援するこの取り組みに賛同し、約20kWの太陽光発電システムを寄贈しました。


施設は太陽光発電システムのほか、断熱材、全熱交換換気システム、ヒートポンプエアコンなどを装備し、発電量が消費を上回るZEB(ゼロエネルギービルディング)として、快適性と省エネを実現した造りになっています。


引渡式にはフェール城桜協会、石巻市、フランス大使館、国土交通省、協賛企業など関係者が集まり、施設の完成を祝いました。
コミュニティーハウスは、日本とフランスの交流の場として、また、市民の交流の場として、様々なイベントやカルチャースクールの開催が予定されており、人々の集う復興の拠点となることが期待されています。


鹿妻南コミュニティーハウス 120112-2.png
   <鹿妻南コミュニティーハウス>             <植樹式>               

プレスリリースの内容は発表時のものです。
商品の販売終了や、組織の変更等により、最新の情報と異なる場合がありますのでご了承ください。