サンテックパワーホールディングス、無錫市国联発展(集団)有限公司(ゴーリャン)より出資趣意書を受領

2013年10月30日

サンテックパワーホールディングスは、無錫市国联発展(集団)有限公司(以降ゴーリャンと表記)が、サンテックパワーホールディングスの再建を支援するため、財務および経営に必要な資金として、現金で1億5千万米ドルを上回る株式投資を行う旨を表明する趣意書をゴーリャンから受領したことを発表しました。また本趣意書では、諸条件で合意することを前提として、この投資資金はサンテックパワーホールディングスの太陽光発電及びその他の事業に投入されたり、サンテックパワーホールディングスの世界的な経営基盤や流通網、ならびに、その他の事業での相乗効果を十分に活用するジョイントベンチャー形成や、様々な協力関係を構築するため使用されたりすることを目的としたものであるというゴーリャンの意図が記されています。


ゴーリャンは中国江蘇省無錫に拠点を置く投資会社で主に金融と工業に投資しており、工業分野では下流の太陽光発電関連企業、発電事業、繊維工業、廃棄物処分施設、関連する環境保護やエネルギー事業への投資を行っています。2012年末時点で、ゴーリャンの総資産は67億米ドル、純資産は26億米ドルです。


ゴーリャンは、サンテックパワーホールディングスの中国の主要子会社であり司法管理下にある無錫サンテックパワーの競争入札に参加しましたが、既に公表されている通り10月8日付で江蘇順風光電科技有限公司(以降江蘇順風と表記)が無錫サンテックパワーの暫定戦略出資企業として選定され、10月24日に無錫サンテックパワーと戦略的協力合意書に署名しています。この無錫サンテックパワーへの戦略的出資に関しては、11月12日に行われる第2回無錫サンテックパワー債権者会議での合意と、無錫市中級人民法院での最終承認をもって正式に決定されます。


今回発表されたゴーリャンの趣意書は、あくまで、サンテックパワーホールディングスへの投資に関係するものです。


サンテックパワーホールディングスのプレスリリースはGlobalSiteをご参照ください。

プレスリリースの内容は発表時のものです。
商品の販売終了や、組織の変更等により、最新の情報と異なる場合がありますのでご了承ください。