サンテックパワージャパン 産業向けパワーコンディショナのラインナップを強化

2016年2月 4日

 サンテックパワージャパン株式会社(本社:東京都新宿区、取締役社長 ガオ ジャン、以降サンテックパワージャパンと表記)は本日、メガソーラーや小規模産業(設備容量10kW以上50kW未満)向けのパワーコンディショナのラインナップに、新たに3製品を追加したことを発表いたしました。いずれも即時受注可能で、出荷は本年3月15日以降の予定です。


<追加製品>

  1. SUN2000-28KTL 三相 27.5kW (大規模産業用)
  2. SUN2000-24.5KTL 三相 24.5kW (小規模産業用)
  3. GPS55B 単相 5.5kW (小規模産業用)


 SUN2000-28KTLおよびSUN2000-24.5KTLは、世界的な通信機器メーカーで中国に本社を構えるファーウェイ(華為技術)社が開発するパワーコンディショナです。98.7% という高い電力変換効率(最高変換率)を誇るとともに、高い防塵・耐水性能(IP65)を備えます。高出力かつ軽量で架台への直接設置が可能なため、設置コストの低減が期待されます。またヒューズや外部冷却ファンが無いため、長期間の運用においてメンテナンス費用の抑制が期待できる製品です。


 GPS55Bは、単相5.5kWの小規模産業向け屋外集中型パワーコンディショナです。接続箱機能を内蔵していることで施工を簡素化できます。また、最大10台のパワーコンディショナを一括でコントロールするリモコン(別売)を提供しており、運用面の時間と労力を削減することが可能です。なおリモコンが無くてもパワーコンディショナ本体で操作することも可能で、小規模の太陽光発電システムにおいてはコストを抑えて構築・運営することが可能です。


 サンテックパワージャパンは、今後ますます省エネ・創エネ・ゼロエネルギー化が期待される産業、都市と社会における太陽光発電システムの導入拡大に対応するために、より高性能な太陽光発電モジュールを提供するとともに、ユーザの利便性が高く導入しやすいパワーコンディショナのラインナップ強化に取り組みます。


<スケジュール>
 出荷開始(全製品) 2016年3月15日(火)予定


<製品イメージ>

conditioner_fig03.png
■Huawei SUN2000シリーズ


conditioner_GBS55.0.jpg
■GPS55B


※詳しい仕様はPDFにてご確認ください


サンテックパワージャパン ニュースリリース 産業用パワコンのラインナップを強化.pdf

プレスリリースの内容は発表時のものです。
商品の販売終了や、組織の変更等により、最新の情報と異なる場合がありますのでご了承ください。