パワーコンディショナ(屋内設置型)

太陽光発電モジュールで発電した直流電力をご家庭で使用できる交流電力に変換するパワーコンディショナ。万が一の非常時には、太陽光発電システムが発電していれば停電時でもパワーコンディショナのコンセントから直接非常用電源として利用することができます。

パワーコンディショナ(屋内設置型)

仕様

型名 GP27E GP40E GP55E
定格容量 2.7kW 4.0kW 5.5kW
定格入力電圧 DC250V DC250V/DC330V
入力電圧範囲 DC70~380V DC70~450V
定格出力電圧 AC202V
定格出力電流 13.5A 20A 27.5A
定格周波数 50/60Hz
電力変換効率(※1) 95.5% 95.0% 95.5%(定格入力電圧DC250V):
96.0%(定格入力電圧DC330V)
相数 単相2線式(単相3線式配電線に連系)
外形寸法(W×H×D) 490×270×155mm 580×270×171mm
質量 14.0kg 17.0kg
動作温度範囲(※2) -10〜40℃
メーカー希望小売価格 220,000円(税抜) 295,000円(税抜) 400,000円(税抜)

本製品は遠隔出力制御システム対応型です。但し、遠隔出力制御システム対応型パワーコンディショナだけでは、遠隔出力制御はできません。

多数台連携対応の単独運転防止機能搭載

パワーコンディショナは運転開始時/終了時にスイッチ音がします。また、運転音が耳障りになる場合がありますので設置場所にはご注意ください。

※1 JIS C8961に基づく効率測定方法による定格負荷効率を示します。
※2 パワーコンディショナの保護機能により、周辺温度がある一定以上になると出力が制限されます

パワーコンディショナ(屋外設置型)

太陽光発電モジュールで発電した直流電力をご家庭で使用できる交流電力に変換するパワーコンディショナ。万が一の非常時には、太陽光発電システムが発電していれば停電時でもパワーコンディショナからの電力を非常用電源として利用することができます(別途自立運転コンセントの設置が必要になります)。

パワーコンディショナ(屋外設置型)

クラス最大回路数を持つ屋外用マルチストリング型パワーコンディショナ

全回路独立動作の最大電力追従回路(MPPT)を5.9kWタイプは5回路、4.6kWタイプは4回路搭載(クラス最大※)。モジュールの設置自由度を最大化し、最大出力の太陽光発電システムを設置できるようになりました。MPPT効率が高いので朝夕や曇りの日など日射量が少ない時でも、電気を最適に取り込めます。

※2014年10月現在、当社調べ。接続箱を内蔵した国内住宅用4.6kW~5.9kWクラスの屋外設置可能タイプにおいて

クラス最大回路数を持つ屋外用マルチストリング型パワーコンディショナ

主な特徴

主な特徴
  • 圧迫感のない薄型すっきりデザイン
  • 住宅外壁になじむ配色
  • 接続箱機能を内蔵し、施工を簡素化
  • 多数台連系対応の単独運転防止機能搭載

仕様

型名 GPM46B GPM59B
定格容量 4.6kW 5.9kW
定格入力電圧 DC330V
入力電圧範囲 DC70~450V
定格出力電圧 AC202V
定格出力電流 23A 29.5A
定格周波数 50/60Hz
電力変換効率(※1) 95.5%(定格入力電圧DC250V)
96.0%(定格入力電圧DC330V)
相数 単相2線式(単相3線式配電線に連系)
外形寸法(W×H×D) 480×688×167mm 503×688×167mm
質量 29.0kg 32.0kg
動作温度範囲(※2) -20~+50℃
メーカー希望小売価格 398,000円(税抜) 508,000円(税抜)

本製品は遠隔出力制御システム対応型です。多数台連系対応の単独運転防止機能を搭載しています。但し、遠隔出力制御システム対応型パワーコンディショナだけでは、遠隔出力制御はできません。

パワーコンディショナは運転開始時/終了時にスイッチ音がします。また、運転音が耳障りになる場合がありますので設置場所にはご注意ください。

※1 JIS C8961に基づく効率測定方法による定格負荷効率を示します。
※2 パワーコンディショナの保護機能により、周囲温度がある一定の温度以上になると出力が制限されます。