太陽光発電は設置場所の日射量、光の入射角度、土地の高低差や傾斜などのさまざまな設置環境や条件により、発電量が異なります。サンテックパワージャパンでは、お客様の検討されている設置場所において最大限発電するシステム、設置方法をご提案しています。

導入イメージ

集合住宅や工場、倉庫の屋根を有効活用
遊休地など地面設置も可能

設置検討事例1:地面設置

年間推定発電量
53,169kWh
年間推定売電額
1,435,560円(税抜)
  • 260×192枚=47.04kW
  • アレイ構成:4段6列8基
  • 設置面積:690m²
  • ※東京・南面・傾斜20度で設置した場合
図:地面設置

設置検討事例2:屋上設置

年間推定発電量
11,960kWh
年間推定売電額
322,920円(税抜)
  • 260W×48枚=11.76kW
  • アレイ構成:8段6列
  • 設置面積:130m²
  • ※東京・南面・傾斜1.26度で設置した場合
図:屋上設置

システム例

モジュールやパワーコンディショナから架台まで、必要な部材を一式でご提供

図:システム例
  • 発電量が著しく低下するため北面には設置できません。
  • 北東~北西面に設置すると太陽光発電モジュールに当った太陽光が反射して近隣建物の窓に射し込み光害となる場合があります。その他の方位の屋根に設置する場合でも反射光が発生する可能性がありますので事前にご相談ください。
  • パワーコンディショナは海岸から500m以内、かつ海水飛沫および潮風に直接さらされることのない場所へ設置してください。リモコンなども設置条件がありますので、設置条件の詳細は販売店までお問い合わせください。