弊社の太陽光発電システムをご利用のお客様のうち、九州電力管内のお客様で、カラーモニタ・送信ユニット・出力制御ユニットを導入されている方は、ファームウェアの更新が必要となります。

【 GP-PCM3AシリーズおよびGP-SPW274Rをご利用のお客様】
インターネット接続でご利用の場合は、2017年10月上旬以降に自動で更新が実施されます。
SDカードでの更新も可能です。
※九州電力管内以外で、インターネット接続で該当機器をご利用の場合、自動でファームウェアの更新が実施されますので、ご注意ください。
【 GP-PCM2Aシリーズをご利用の場合】
SDカードでの更新をお願い致します。
詳細は、下記「SDメモリーカードによる更新」をご確認ください。

ファームウェアの更新とは

カラーモニタ・送信ユニット・出力制御ユニットのソフトウェアを新しいソフトウェアに書き換える機能のことです。

インターネット接続による更新

GP-PCM3A-M/GP-PCM3A-TX/GP-SPW274Rをインターネット接続でご利用の場合、10月上旬より自動的に更新作業が発生いたしますので、下記のご案内をあらかじめご確認ください。

更新時期
2017年10月上旬より実施
タイミング
各機器、4日間ごとの夜間に行われます。
更新が行われると、カラーモニタのメイン画面にお知らせアイコンが表示されます。

SDメモリーカードによる更新

SDメモリーカードでファームウェアの更新を行う場合は、下記の手順書をご確認の上、更新を行ってください。

出力制御ソフト書き換え手順書

型式 ダウンロード
GP-PCM2A-M
GP-PCM2A-TX
ダウンロード 0.695MB
GP-PCM3A-M
GP-PCM3A-TX
GP-SPW274R
ダウンロード 0.748MB

更新ファイル

型式 ダウンロード
GP-PCM2A-M
GP-PCM2A-TX
ダウンロード(ZIP) 51.3MB
GP-PCM3A-M
GP-PCM3A-TX
ダウンロード(ZIP) 58.3MB
GP-SPW274R ダウンロード(ZIP) 13.1MB

バージョンの確認方法

バージョンの確認方法

※こちらの資料をご参照ください。