※太陽光モニタ(カラーモニタ)・電力検出ユニット(送信ユニット)・出力制御ユニットをご利用のお客様
太陽光発電の出力制御に対応するため、太陽光モニタ(カラーモニタ)・電力検出ユニット(送信ユニット)・出力制御ユニット(GP-SPW274R )のファームウェアの更新が、2017年10月以降から、順次実施されています。インターネット接続でご利用の場合、更新作業が自動的に実施されますので、予めご了承ください。SDカードでの手動更新も可能です。ただし、カラーモニタ(GP-PCM2A-M)および送信ユニット(GP-PCM2A-TX)は、SDカードでの更新のみとなります。
詳細はこちらをご確認ください⇒ファームウェアの更新について

太陽光モニタ

ポンッとさわればサクサク動く!タッチパネル搭載のモニタは使いやすさ満点。大人も子どもも楽しく使えて、エコがもっと身近になります

タッチパネル搭載のカラーモニタ

楽しい表示機能でエコを応援

一日の発電量はもちろん、一ヶ月、一年ごとの実績も表示。電気の自給率やわが家の発電量ランキングなど、太陽光発電ライフが楽しくなる機能も充実しました。

楽しい表示機能でエコを応援

どこでも気軽にエコを確認

お手持ちのパソコン・スマートフォンから直接発電状況を確認できます。家族でモニタを囲んで節電会議、家事の合間にスマートフォンで発電量チェック……楽しみ方は色々!

※スマートフォンおよびパソコンではWEBブラウザでの表示となります。一部対応していない機種、ブラウザがございます。
※出力制御エリアでは、ルーターが必要です。
※インターネット経由での接続は非対応です。

どこでも気軽にエコを確認

節電をもっと効率的に

ご家庭の分岐ブレーカー※の消費電力を表示できるので、電気のムダ使いをすぐ発見!お出かけ前にエアコンの切り忘れを確認したりなど、もっと効率的に節電できます。

※分岐ブレーカー毎の個別消費量及び外部発電機器の計測に1ヶ所まで対応。分岐ブレーカーに電流センサの取り付けが必要です。

節電をもっと効率的に

好きな写真を入れてフォトフレームに

SDカードから好きな写真を取り込んで、フォトフレームとしても活用できます。タテ用とヨコ用、2つの表示画面でどんな写真もピッタリ。

好きな写真を入れてフォトフレームに

太陽光モニタ 仕様

GP-PCM5A-M
型式 GP-PCM5A-M
主な表示内容 発電量/消費量/売電量/買電量/ハイブリッドパワーコンディショナ蓄電池情報の表示
表示画面 7インチWSVGA
データ通信方式 無線/有線
電源供給 専用ACアダプタ
最大消費電力 5W
使用温度範囲 0~+40℃
使用湿度範囲 90%以下(結露なきこと)
外形寸法(W×H×D) 194×120×31㎜
質量 0.5kg(台座含まない)
取り付け方法 屋内卓上/屋内壁掛け
製品瑕疵保証 2年
メーカー希望小売価格 59,950円(税込)
  • ● 本ウェブサイトに掲載されているパワーコンディショナに対応しています。(ファーウェイ社製ハイブリッドパワーコンディショナを除く)

電力検出ユニット 仕様

GP-PCM5A-M
型式 GP-PCM5A-TX
対応 余剰 全量
パワーコンディショナ接続台数 最大5台 最大20台
電力測定箇所 主幹(1)
個別(1)
消費または発電の切替可能
パワコン
20台個別
定格電圧 AC100V
データ保持容量 20年分
最大消費電力 3W
使用温度範囲 -10~+50 ℃
使用湿度範囲 90%以下(結露なきこと)
外形寸法(W×H×D) 120×270×60㎜
質量 0.7kg
取り付け方法 壁固定
データ通信方式 電力検出ユニット-太陽光モニタ:無線/有線
電力検出ユニット-ルーター:無線/有線
電力検出ユニット-(リモコン)-パワコン:有線
遠隔出力制御対応
ECHONET Lite AIF認証
製品瑕疵保証 2年
メーカー希望小売価格 55,000円(税込)
  • ※市販ケーブルは、お客様手配となります。ご不明点は担当営業までお問い合わせください。
  • ※周囲環境:洗面所や脱衣所等の直接湯気のかかる場所や、著しく湿度の高いところ、および温度変化の激しいところには設置しないでください。
  • ●GP-PCM5A-MとGP-PCM5A-TXは、ブロードバンドルーター無しで無線接続可能となります。
  • ●電力検出ユニットを屋外に設置する際は、樹脂製ボックスおよび水抜きキャップが必要となります。
  • ●無線LANの接続可能範囲でパソコン、スマートフォン、タブレットで電力表示が可能ですが、すべての環境で動作を保証するものではありません。

《遠隔出力制御機能に関する注意点》

  • ● 常時接続可能なブロードバンドルーターをご用意いただく必要があります。
  • ● インターネット回線契約や利用に伴う負担は別途ご負担いただく必要があります。
  • ● 遠隔出力制御は、電力会社の要請により実施されますので、詳細は電力会社に御確認下さい。また実際に出力制御が決定した際、電力検出ユニット本体にIDなどの登録が必要となり、別途パソコン等での設定が必要となることがあります。
  • ● 今後決定される通信仕様によっては、ファームウェア(ソフトウェア)の更新や設置場所での作業(有償)が必要となることがあります。